冷媒解説

R1336mzz(Z)ってどんな冷媒?

どんなところに使われているか

R1336mzz(Z)は新しい冷媒のためこの記事執筆時点(2018年8月)ではまだ,冷媒として使用された製品はありません.

R1336mzz(Z)はR245faの代替冷媒として使用できそう(以下記事参照)ですので,今後ランキンサイクルや高温ヒートポンプに使用されることが考えられます.

環境負荷(GWP,ODP)

R1336mzz(Z)のODPは0です.
塩素が使用されていないので0ですね.

R1336mzz(Z)のGWPは2です.

安全性(毒性,燃焼性)

ASHRAE34規格ではA1に属します.

つまり,毒性は無く,不燃です.

特徴(メリット,デメリット)

R1336mzz(Z)のメリットはなんと言っても不燃でGWPが非常に低い(2ですよ!)ということですね.

ネットで調べる限り致命的なデメリットは見つかりませんが,なにせ新しい冷媒ですので価格が高い(生産体制が整っていないなど)などが考えられます.

化学的にはどんなものか

R1336mzz(Z)はHFO1336mzz(Z)と言ったりします.

オレフィンですので分子構造の中に二重結合があるんですね.

また,化学的には1,1,1,4,4,4-Hexafluor-2-butenといいます.簡単に以下の表にまとめておきます.

名称 R1336mzz(Z)
その他の名称 1,1,1,4,4,4-Hexafluor-2-buten
GWP 2
ODP 0
分子構造

その他(感想)

さて,今回はわりと新しめの冷媒であるR1336mzz(Z)の紹介でした.

いやー.もう日本語の資料なんて皆無ですね.

今後も要チェックでしね.